こどもサッカー

【動画】中井卓大(ピピくん:スペイン)の華麗なプレー


中井卓大くんといえば
レアル・マドリードCF・アレビンAでプレーする日本人少年です。

先月1月31日には
アトレティコ・マドリードとの”ダービー”戦で
大活躍したことが現地で話題になっています。



中井くんの背番号は15。

後半から途中出場すると、
味方選手への絶妙なスルーパスや、華麗なヒールパスなどで、
多くの好機を演出。

そしてなといっても圧巻だったのが、この日のゴールシーン。

味方のパスを受けた中井くんは、
ペナルティエリア内から右足を振りぬき、
豪快なシュートで3−0の勝利に大きく貢献しました。

こどもサッカー

こどもサッカーのスーパーテクニック


この7番はなかなかスゴイ。

足に吸いつくようなボール扱い。
このぐらいボールと足がくっついていれば
なかなか取られないでしょうね。




こどもサッカー

サッカーボール、安物買いはダメです。



サッカーボールの質。

スポーツショップには
よく998円くらいでサッカーボール(5号球〜4号球)が
売っていますよね。

子供が小さい頃は高額のボールはもったいないと
安いサッカーボールに興味が行きがちです。
ですがそういう安物のサッカーボールを買うのはやめておいた方がいいです。

確かにサッカーボールには、4000円くらいのものもあれば、
安いものもあります。
高いものと、安いものの違いは何なのでしょうか。

チームで使用するなど、
多少でも本気でサッカーするならなおさらです。
型落ちでいいので、
JFA公認球マークのついたものにしましょう。



そういう格安ボールは、
ひどいときには半年もしないうちに縫い目が裂けはじめ、
中の黒いゴムボールがボコッと飛び出してきます。

公認球のほうは、表面の革はもちろん傷みますが、
避けて破れるようなことはありません。

「安物買いの銭失い」とは、まさにこのことです。

サッカーさせるなら
最初から2〜3000円の公認球にするべきです。

ウチの子は贅沢でいつも最新デザインを欲しがりますから
これはこれで問題なのですがね(笑)


こどもサッカー

ドリブルが上手になる練習


ドリブルが上手になるにはどんな練習をすればいいか?

フェイントが上手くなればいいのか?


実際は常に足元にボールがある状態を作る事が大切。
そのための練習動画です。



懐ドリブル練習


こどもサッカー

サッカー利き足を極めると・・・・


サッカーが上手になろうと思ったら両足を使えるようにしよう。
と教えるチームが多い。

実際自分もそう思っていたし、
日本代表などの注目プレーヤーは
両足を器用に使える人が多い。

でも実際は・・・・・・・



ブラジルのプロリーグで活躍した檜垣裕志さんのクリニックの様子です。



檜垣裕志のサッカーテクニック向上メソッド

「利き足にボールを置く」
「利き足でボールをもつ」
ことを意識しているかどうかで、プレーに大きな違いができる。

世界のトップ選手が勝負を仕掛けるとき、
100%「利き足」から、プレーを展開させているらしい。

確かにクリスティアーノ・ロナウドやアリエン・ロッベンなど
世界のトッププレーヤーは利き足が異常に得意。

状況によっては、逆足でボールを蹴ることもあるが
「ここぞ!」というプレーでは、かならず得意な利き足を使うのだそう。

この「利き足の前にボールを置く」
というシンプルなことが重要な点。

higaki.JPG
檜垣裕志のサッカーテクニック向上メソッド


こどもサッカー

サッカーの華麗なステップワークを身につける


サッカーの華麗な足技で
相手を抜き去りたい。

最近の息子は
ドリブルの練習に熱心です。


基本はコーンを使ったドリブル練習ですが、
身体の使い方がまだまだだなあと思いました。


スクールでステップワーク向上のために
ラダートレーニングを導入しているので
自宅用にも購入しました。





少しずつですが、効果は出始めています。

体幹のトレーニングにもなるようで
動きのバランスもよくなりました。


こどもサッカー

バランストレーニング これなら楽しみながらできる♪


なるほど!

これなら子供たちも
楽しんでバランストレーニングができるわけだ。

うちの息子ものってきそう♪

生真面目に練習するだけが
トレーニングじゃないんだなあ。





こどもサッカー

【動画】レアル入団日本人天才少年


去年はバルサ下部組織に入団した久保建英くんが
話題になったと思ったら

今年はレアル下部組織にに9才の中井卓大(たくひろ)君が、
話題になりました。

とはいえ、これは驚き半分、ナットク半分で
中井君の天才ぶりは何年も前からYoutubeで有名でしたね。




スペインの『スポルト』電子版が、7歳の日本人少年を
「新しいリオネル・メッシ」と報-じたのは2年前。

驚異的なパフォーマンスを披露する少年の記事が
書かれる発端となったのは、
カタルーニ-ャ地方のTV局『TV3』が放送した少年のプレー映像です。

そしてバルセロナの下部組織カデッテA(15〜16歳)でコーチを務める
フランシスコ-・ハビエル・ガルシア・ピニエンタ氏が、
ツイッターで「見た?見た?」とつぶやいたこ-とも拍車をかけました。

『スポルト』電子版には少年の華麗なドリブルや
リフティングの動画が記事と掲載され、-
100件以上のコメントが寄せられましsた。

このときは少年の名前や所属クラブ等、詳細は明-らかにされませんでした。

そして今年、中井君は世界で注目の日本人少年になったってわけです。

こどもサッカー

子供 サッカー 練習


子供のサッカーが上手くなるには
どんな練習をした方がいいでしょうか。

コーチ、監督まかせ?

指導者であるコーチや監督に練習をまかせるのは
大事なことですが、

それはそのコーチや監督が
サッカーを十分に知っていれば
という但し書き付きです。

クラブチームならいざ知らず、
小学校のコーチや監督は
地域のボランティアだったり
生徒のお父さんだったりします。

昔サッカーをやったことがあるというだけで
昔のままの練習を取り入れたりしているケースもあります。


すぐ近くに元Jリーガーや日本代表が
コーチしてくれるスクールなどがあればありがたいですが、
全ての人がそういう環境にいられるわけではありませんね。


最近はそういう元一流選手が
DVDなどで指導してくれる教材などもありますから
そういうものを活かすというのも1つの方法だと思います。

ボクも息子のために買ったことがありますが、
やっぱり役に立ちますよ。

息子は今小4で、
決して運動神経がいいスポーツマンとはいいきれませんが
リフティングなら400回ぐらいできますし、

親のひいき目を差し引いても
上手くなってきていると思います。

いい練習を取り入れれば
それだけ上達は早いんだな〜と感じますね。





こどもサッカー

子供 サッカー 技術


子供のサッカー技術向上のためには
本人が努力することが一番ですが、

親がその環境を作ってあげることも
大切です。

まずは何と言っても
サッカーを楽しめる」ということ。


家庭内コーチ化して
あれこれとダメだしばっかりやっていては
子供がサッカーを嫌いになってしまうかもしれません。

それでは本末転倒です。

子供は本来
楽しいことに関してはものすごい集中力を出します。

時間も忘れていつまでもやりたがります。

次の日のために体力を残しておこうなんて
大人みたいに考えません (笑)

だからまずは家族でサッカーを楽しむことが
大切じゃないでしょうか。


負けてもいい。

楽しめたかどうかが重要。

「今日のあのプレーはよかった」
「あのプレーは惜しかった」

楽しく話すこともいいでしょうが、
それが子供への評価にならないように気をつけましょう。


こどもサッカー

子供 サッカー 上達


わたしも小学4年生の子供が
サッカーをやっています。

この年齢と言うのは
ゴールデンエイジと呼ばれているそうで、

真綿が水を吸い込むように
どんどん上達していく時期なんですって。


確かにこの夏休み1ヶ月ちょっとのあいだに
ずいぶんと上手くなってきた感じがします。


これもサッカー好きな仲間が近くにいて
時間があればサッカーばかりやっていたおかげかな
と思います。

環境が人をつくるって本当ですね。


孟母三遷という言葉もあって、
孟子のお母さんは子供のために環境を3回も変えた
という有名な故事ですが、

ウチの奥さんも毎日ヘトヘトになりながらも
息子のためにサッカー仲間のところに送り迎えしたり
ママ友と長時間お付き合いしたり、

Jリーグの公式戦を一緒に観に行ったりと
がんばっています。

仕事ばかりしてるボクは頭があがりませんね。


こどもサッカー

久保建英、未来の日本代表の潜在能力


未来の日本代表とは少し早いかというと
決して早すぎはしないでしょう。

久保建英くん。
現在バルサ(FCバルセロナ)の下部組織で
日本人ながら得点王を驀進中の逸材です。



参考にしようと本も読みましたが、
本気で参考にするなら幼稚園前に
読んでおきたかった (汗)

それでもバルサに入るための練習方法など
勉強になりましたよ。





こどもサッカー

ボールキープ(体の使い方)


ボールをいかにキープするか。

パス回しによって
ボールポゼッションを高める方法もありますが、
チビッ子たちにチームプレーを教えるのも
すぐには難しいようです。


そこでまずは個人技。


ボールキープをする時の体の使い方を教えて
まずは相手に取られないことを教えたいです。



ボールキープ(体の使い方)


手で相手をしっかりと押さえることで
近づくことを防ぐとともに、
相手の位置がいつでもわかる。

足元にボールをキープしやすい。

これなら比較的簡単なので
サッカーが上手になりそうですね。


こどもサッカー

トルシエ、日本の育成はトップ


元日本代表監督のフィリップ・トルシエ氏が
FIFA.comのインタビューで

「日本の育成は世界トップクラス」

と語ったそうな。


そうか〜、こういう評価って言うのは
日本人のコメントだけだと手前味噌に聞こえて
信用できないんだけど、

トルシエみたいに
日本を知りながら外から見てくれる人に言われると
なんだか信じられるんだよな。


反面、

香川の評価が一番低いのは
 ほかならぬ日本人なんだ」


などと、香川の海外での高評価を聞くたびに

「そんなに香川はすごいのか?」

と思ってしまうのは
日本人の卑屈さなんだろうか。

それとも自分自身が世界のサッカーとの
比較ができる目を持っていないだけなのか。


まだまだ勉強だ。。。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121122-00000332-soccerk-socc


こどもサッカー

昨夜はドリブル練習


昨夜はトリニータ応援から帰宅後、
息子は部屋でコーンを使ってのドリブル練習。

少しずつだけど上手くなってるぞ!


そのあと2人で1対1。

リビングが狭いので
細かなボールタッチが必要なのと
相手との間に身体を入れるのがキモ。


大人相手なので
しっかり身体をあずけないとすぐに倒されちゃう。


がんばれ、がんばれ♪


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。