コラム

中田英寿 FIFA活動協力へ



こんにちは!FootBall-King
「サッカー日本代表とW杯を愛するBlog」 です♪



サッカーの元日本代表MF、中田英寿(30)が

久しぶりに日本で記者会見をしました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071214-00000941-san-spo


都内で行われた国際サッカー連盟(FIFA)の記者会見に出席し、

今後、FIFAの活動に協力していく考えを明らかにしました。



やっぱり中田はサッカーの世界に戻ってきたのね〜♪


ちょっと長髪は考えちゃうけど・・・・(笑)

ワイルドといえばワイルド。


そのうち見慣れるかな〜〜〜?



●ぜひポチッとサッカーサイトランキングへ!

この記事へのコメント
今、最も旬なブログをどこよりも速くピックアップするサイト、人気急上昇ブログランキング管理人です。ぜひ貴ブログをランキングに参加してもらいたいと思い、連絡させていただきました。
先日開設したばかりのサイトですので、今なら簡単にランキング上位を獲得できますし、登録数が増えるごとにより多くのアクセスを獲得できるようになります。

ランキング大型サイトを目指し、現在宣伝強化中です。12月31日までに登録された方には、
「1日30分で誰でも月収20万!これができない人はまずいない!」
レポート特典も用意しております。参加をお待ちしております。
>> http://rnkng.kairairiku.com/linkrank.cgi
海良入玖
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
経験の差 (スポーツと戦争について考える その1)
スポーツと戦争について考えてみたい。全9回シリーズでエントリーする。
ブログ名日比野庵 本館

勝利か内容か (スポーツと戦争について考える その2)
2007年の日本シリーズは中日が制し、53年ぶりの日本一になったけれど、日本一を賭けた第5戦の中日落合監督の投手起用は、後の論議をよんだ。
ブログ名日比野庵 本館

サポーターの威力 (スポーツと戦争について考える その3)
Jリーグ所属クラブであった「横浜フリューゲルス」は98年、母体企業の撤退に伴い、チームが吸収合併され消滅したけれど、チーム存続を願うサポーターが全国から50万を超える署名と募金を集めた。
ブログ名日比野庵 本館

国際試合と参加意識 (スポーツと戦争について考える その4)
国際試合だと、いやがおうにも出場国の威信、国威がかかる。
ブログ名日比野庵 本館

勝利とフェアプレー (スポーツと戦争について考える その5)
政治的・経済的利益を除いて、戦争に勝つことと、オリンピックで金メダルを取ることとで、国威の発揚という面だけでみればそう大差はない。
ブログ名日比野庵 本館

ルールと審判 (スポーツと戦争について考える その6)
スポーツはヒトの闘争欲求を満足させるために生まれた、ルールのある代理戦争だという説を取り上げたけれど、実際の戦争に全くルールがないわけじゃない。
ブログ名日比野庵 本館

身体能力とハンデ戦 (スポーツと戦争について考える その7)
スポーツ競技においては、個人でも集団でも、その選手の技術の高さもさることながら、身体能力の高さも大きくものを言う。
ブログ名日比野庵 本館

代闘士 (スポーツと戦争について考える その8)
藤子不二夫のSF短編漫画に「ひとりぼっちの宇宙戦争」という作品がある。
ブログ名日比野庵 本館

プロとサポーター (スポーツと戦争について考える 最終回)
プロの選手はその道の専門家。その競技においては、もっとも高いスキルをもつ人達。
ブログ名日比野庵 本館