アジア大会

反町ジャパン 2次リーグ最終戦で北朝鮮に1−2で敗戦

こんにちは!FootBall-King
「サッカー日本代表とW杯を愛するBlog」 です♪


眠い目をこすりながらの反町ジャパン観戦でしたが、
なんとも不甲斐ない敗戦でした。



アジア大会反町ジャパン
引き分け以上で準々決勝進出できた6日の2次リーグ最終戦で
北朝鮮に1−2。



反町ジャパン発足後、
国際試合7戦目での初黒星でF組2位に終わり、
他組2位との得失点差で上位2チームに入れずの敗退でした。




引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まる有利な状況
だったのに最低条件としていた2次リーグ突破を果たせず、




反町監督は

「感情を表面に出さずに戦ってきた北朝鮮の選手が、
勝った瞬間に表情を崩した。

我々もそうした強じんな精神力を培っていかなければ勝てない」
と振り返っていました。




前後半とも、

ゴール前まで突破を許し、苦し紛れのファウル。
そこからすばらしい直接FKを決められました。



全員で守備を固め、
カウンター攻撃を仕掛ける北朝鮮に
反町ジャパンは完全に走り負けていました。


イージーなパスミスが多かったし、
当りでも完全に負けてましたね。


 
アジア競技大会 / ドーハ2006




●この情報が役に立った思った方はぜひポチッと

 サッカーサイトランキングへ!






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック