コラム

フットサル W杯で大注目!?

こんにちは!FootBall-King「サッカー日本代表とW杯を愛するBlog」 です♪

最近あちらこちらでフットサルをする
光景が見られるようになりました。


フットサルというと単なるミニサッカーの
イメージがありますが、どうしてどうして
サッカーの技術向上にもとても効果的なようです。



先日はブラジルが残念ながらフランスに負けてしまいましたが、
今回のワールドカップ(W杯)で、
ブラジルメディアに最も称賛されている選手が、
フアンルシオ、センターバックのふたりです。


1次リーグから4試合で、失点は日本戦での1ゴールだけ。



これまで「セレソンの弱点はセンターバック」と言われ続け、
センターバック批判はブラジルの伝統のようになっていました。



勝っても負けても、なぜか批判されました。



それが、報道陣からこんな冗談まで出るようになっていたようです。



「ブラジルと言えば攻撃のタレントたち、というのが定評だったけど、ブラジルと言えばセンターバック、という風に変わるんじゃない?」


決勝トーナメント1回戦ではガーナに3−0で勝利を収めましたが、
かなり苦しめられたのも事実。


ガーナは身体能力が高いうえヨーロッパでプレーしている選手も多く、
戦術的にも成熟していました。


怖いかったのは、彼らの方がプレッシャーが少ないこと。


グループリーグを突破し、ブラジルと対戦する。
もし勝てば大金星。
ブラジルのように、負けることへのプレッシャーがないのは、大きな違いです。



ガーナは生き生きと攻撃を繰り出し、
セレソン史でも稀にみる、防戦一方の試合となりました。



そんな試合でブラジルの守備の能力を見せ付け、
信頼できる存在であることを証明したのがフアンルシオ


彼らの特徴は、ファウルが少ないこと。
フアンは10年間のプロ生活で、出場停止は3回しか経験していません。



フットサル経験が役に立ってるんだ。素早く判断して、スピーディーに動き出すことを学んだ。敵より先にボールに行ければ、ファウルする必要がないからね」


ルシオはW杯4試合連続でファウルがないという、
パラグアイのガマーラが持つ歴代記録に並びました。


残念ながら準々決勝フランス戦でイエローをもらい、
単独トップにはなりませんでしたが
すばらしい記録です。



いまや日本中でブームが広がっているフットサル



先日のロナウジーニョの特番でも
彼のテクニックはフットサル仕込みだと
言っておりましたが、この大会を契機に
さらに広がっていきそうですね♪





●この情報が役に立った思った方はぜひポチッと

 サッカーサイトランキングへ!






この記事へのコメント
なるほど!‥‥やはり根本的に違うんだなぁ

遊びと学びが生活に根付いてる
頭で考えるより体が反応してしまう
やっぱブラジルは凄いなぁ、(^^ゞ

いつもありがとう♪〜!、(^O^)/
ロナウジーニョって、どこの代表?(笑)
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
ドイツワールドカップ グループリーグF組 日本 vs ブラジル
 サッカー、ドイツワールドカップ、グループリーグF組日本代表の最終戦、対世界王者ブラジル戦がドルトムントで行われました。
ブログ名Helon's Enjoy Life

久米宏キャスター、ドイツへ!
いよいよ開幕する「サッカー・ワールドカップ」。 サッカー好きの久米宏キャスターも、ドイツへ飛んだ。
ブログ名アクティブオピニオン