出場国ナショナルチーム

アメリカナショナルチーム(E組)

ドイツワールドカップ出場
アメリカナショナルチーム(E組)


サッカー不毛の地と揶揄されたのももはや過去のこと、
近年の著しい躍進ぶりには目を見張るものがあります。

ビーズリーやドノバンら若手選手がめきめきと台頭する一方、
マクブライドやレイナらベテラン勢も健在で、
このバランスのとれたチーム構成は決して世界の強豪にも引けを取りません。

北中米カリブ地区予選で3試合も残した状態で
2006年ワールドカップドイツ大会出場を決めました。

予選の最終戦では、同じく出場を決めたコスタリカに敗れたものの、米国は地区予選首位突破という初快挙です。


1 ティム・ハワード (GK)
2 クリス・オルブライト
3 カルロス・ボカネグラ
4 パブロ・マストロエニ
5 ジョン・オブライアン
6 スティーブ・チェルンドロ
7 エディー・ルイス
8 クリント・デンプシー
9 エド・ジョンソン
10 クラウディオ・レイナ
11 ブライアン・チン
12 コリー・ギブス
13 ジミー・コンラッド
14 ベン・オルセン
15 ボビー・コンベイ
16 ジョシュ・ウォルフ
17 ダマーカス・ビーズリー
18 ケーシー・ケラー (GK)
19 マーカス・ハーネマン (GK)
20 ブライアン・マクブライド
21 ランドン・ドノバン
22 オグチ・オニェウ
23 エディー・ポープ




●便利だと思った方はぜひポチッと ランキングへ!




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18526035
この記事へのトラックバック