出場国ナショナルチーム

イタリアナショナルチーム(E組)

ドイツワールドカップ出場
イタリアナショナルチーム(E組)



2004 年夏から2005年秋にかけて、リッピ新監督は
ザッカルド、バルツァッリ、キエリーニ、デロッシ、ブラージ、エスポジト、トニ、ジラルディーノ、ヤキンタの9選手を代表に招集し、彼らはドイツ大会の地区予選で15得点中8得点獲得という大健闘を見せました。

このような若手選手が新生アズーリの大黒柱で、
守備のザッカルド、ミッドフィルダーのデロッシ、攻撃面では予選で6ゴールを決めたトニとジラルディーノの連携プレーがチームを牽引。

イタリアは2004年10月9日に行われたスロベニア戦で1-0と敗れたものの、7勝2分という好成績でノルウェー、スロベニア、スコットランドなどの強豪がひしめくグループの首位で予選通過です。

P446 イタリア代表(ワールドカップ2006)ポスター【サッカーショップ・サッカーグッズ FOOTBALLFAN】


P425 イタリア代表(ワールドカップ2006)ポスター【サッカーショップ・サッカーグッズ FOOTBALLFAN】


1 ジャンルイジ・ブッフォン (GK)
2 クリスティアン・ザッカルド
3 ファビオ・グロッソ
4 ダニエレ・デロッシ
5 ファビオ・カンナバーロ
6 アンドレア・バルザリ
7 アレッサンドロ・デルピエロ
8 ジェンナロ・ガットゥーゾ
9 ルカ・トニ
10 フランチェスコ・トッティ
11 アルベルト・ジラルディーノ
12 アンジェロ・ペルッツィ (GK)
13 アレッサンドロ・ネスタ
14 マルコ・アメリア (GK)
15 ヴィンチェンツォ・イアキンタ
16 マウロ・カモラネージ
17 シモーネ・バローネ
18 フィリッポ・インザーギ
19 ジャンルカ・ザンブロッタ
20 シモーネ・ペロッタ
21 アンドレア・ピルロ
22 マッシモ・オッド
23 マルコ・マテラッツイ





●便利だと思った方はぜひポチッと ランキングへ!




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18525144
この記事へのトラックバック