オリンピック

ついにオーバーエイジ不在に:北京オリンピックサッカー男子

ついにオーバーエイジ不在になりましたね。

北京五輪に出場するサッカー男子、
23歳以下(U23)日本代表の反町監督がついに決断しました。

MF遠藤保仁の体調不良は意外に深刻なようで
参加辞退について了承したとのこと。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20080712-00000117-jij-spo

反町監督はこうコメントしています。

「チームの経験値は下がるが、2年間の蓄積の値は上がった。
これまでの集大成として、ピチピチ感ある若さあふれる
サッカーをやっていきたい」


もうこういうしかないでしょうな。

オーバーエイジばかりの諸外国に
そうそう通用するとは思えませんが
決めた以上はがんばって欲しいものです。

 
この記事へのコメント
正直オリンピックで勝つよりも南アフリカやその先のワールドカップで使える人材を育てる事が大事だと思う。快進撃は期待しないが実力以上のものを示す事ができれば次につながるからこの選択肢はそんな悪い選択肢だとは思わない。
 ただあまりにグーの音も出ないぐらいボロ負けするとなれば話は別だが。

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102765013
この記事へのトラックバック